西部謙司 フットボール・ラボ

沈黙のサガン鳥栖。策士ロティーナの鳥栖攻略法は他チームにヒントを与えたか?【鳥栖ラボ】

堅守の鳥栖が沈んだ。否、ロティーナ神戸の見事な策に沈められた。稀代の策士はどんな攻略法をしかけたのか。そして、それは模範解答になりうるのか? 台風の目となりつつあった鳥栖とJの行方を占う一戦を総括する。

ロティーナが仕組んだ3つの罠。0-4のスコア以上に気になった前半の内容 

サガン鳥栖が負けたのは第8節の京都サンガ戦以来で、今季2敗目でした。相手はまだ未勝利だったヴィッセル神戸。京都戦は1-3、神戸戦は0-4。失点の少ない鳥栖なのですが、負けるときはけっこうとられるんですね。

神戸戦の鳥栖は珍しく自分たちのリズムに持ち込むまでに時間がかかっていました。ある意味、神戸の術中にはまったという感じです。

(残り 1831文字/全文: 2130文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ