FOOTBALL TODAY KANAZAWA

加藤陸次樹が名前を挙げて警戒する松本の3選手

ルーキーながら開幕スタメンデビューを果たした加藤陸次樹だが、新型コロナウイルスの影響により第2戦を迎えるまでに約4ヶ月のインターバルがあった。この期間にも松本の試合を見たという加藤は、印象に残った3選手の名前を挙げ、警戒感を強めている。

 

ーーあらためて開幕の岡山戦では公式戦で初めてプロのディフェンダーと対戦したが、田中祐介選手などの印象は?
「大学生とはフィジカルが違ったが、なによりプロとしての読みが違う。自分が背後をとろうとしても、とりづらい位置に常に構えている。ポジショニングがいやだった」

 

ーー加藤選手自身、その開幕戦から改善できたところは?

(残り 840文字/全文: 1125文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ