FOOTBALL TODAY KANAZAWA

島津頼盛。悩み抜いた末の初ゴール

11日の甲府戦では敗れてしまったが、今シーズン初出場となった島津頼盛がプロ3年目にして初ゴールを決めた。若い選手がどんどん出場機会を得るなか、昨年はたった24分間、今年も出場機会を得られていなかった男の苦しみぬいた末の初ゴールだった。今年はなにかやってくれそう。そう感じさせたキャンプ。そこで垣間見せた覚悟と以降の苦しみを踏まえ、ようやく一歩を踏み出した島津の今シーズンを振り返ってみよう。なお甲府戦のレビューは明日掲載予定です。

 

1月の宮崎キャンプにて

 

2020年1月。キャンプ取材初日。少し肌寒い夕方の宮崎。少しずつ影が長くなっていくグラウンドで、その選手の動きは一際目を引いた。どうしても話が聞きたくなった。西日がさすグラウンドの隅で島津頼盛に話を聞いたのは、もう5ヶ月以上も前のことだった。

(残り 2750文字/全文: 3109文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ