FOOTBALL TODAY KANAZAWA

「不思議の負け」ではなかった甲府戦【第4節・甲府戦レビュー】

 

狙い通りにゴールを奪った甲府

 

前節の新潟戦、前々節の松本戦は負けていてもおかしくなく、甲府戦は勝っていてもおかしくなかった。「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」。野村克也さんがかつてよく引用していた言葉だが、甲府戦の負けは「不思議の負け」のように感じられた。ただ、試合から2日たって振り返ってみれば、そうではなかったのかもしれない、と思えてきた。

(残り 2620文字/全文: 2811文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ