FOOTBALL TODAY KANAZAWA

ビビらず、そしてふてぶてしく。石尾崚雅らしさは取り戻せるのか

石尾崚雅はいま帰路に立っているのかもしれない。

 

昨年は残り7試合の時点からコンスタントに出場機会を得た石尾だが、それ以前のデビュー戦などでも高卒新人とは思えないほど堂々としていた。もちろん足りない部分もあったが、プレーぶりはスケールの大きさを感じさせるもの。柳下正明監督も「落ち着いてやれている。センターバックとして必要なのはゴール前でボールに対してガツンといけること。まだまだヒロ(廣井友信)に比べたら危ないところを察知するのは少ないが、あの年齢にしたらできている」と期待を寄せていた。

 

しかし、それから1年がたち、石尾らしさが影を潜める試合が多くなった。

(残り 817文字/全文: 1106文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ