FOOTBALL TODAY KANAZAWA

失点のバーゲンセール状態。直接的な原因の前にあったミス。そして新たな発見と希望【第36節・山形戦レビュー】

0−4。スコアだけ見れば完敗なのかもしれないが、3点目を奪われるまでは戦い方の悪くなかった。チャンスは金沢のほうが多かったくらいだ。しかし、これだけ安い失点を重ねていれば、こういう結果になるのも仕方がない。

 

4失点のなかで「やられた」「相手を褒めるしかない」という失点はひとつもなかった。

 

1失点目は最後は長谷川巧が前川大河のマークを外したことで生まれたが、その前にも防ぎようはあった。

(残り 1727文字/全文: 1930文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ