FOOTBALL TODAY KANAZAWA

難しい展開だった相模原戦。それでも2得点と勝利は幸運やラッキーではなかった【第5節・相模原戦レビュー】

 

相模原の思惑通りに進んだゲーム

 

丹羽詩温の2試合連続ゴールと嶋田慎太郎の開幕戦以来のゴール。そして相手の反撃を1点に抑えて連勝を飾った相模原戦。これで開幕5試合を3勝1分1敗とし3位に浮上と、景気のいい話ばかりが聞こえてくるが、相模原戦は手放しで喜べる内容ではなかった。ここまで自分たちの時間をつくれなかったのは、敗れた開幕の長崎戦を含めても今シーズン初だったのではないだろうか。

 

たしかにボールを握る時間は長かった。しかし、そこでなかなか決定機をつくれなかった。相模原にとっては引くことも、ボールを握られることも想定内。だからこそ振り返ってみれば、大半が相模原ペースで進んでいたように感じられる。

(残り 2076文字/全文: 2391文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ