FOOTBALL TODAY KANAZAWA

チームを救った庄司朋乃也のスライディング。それでも「2CB、どっちも準備の悪さが出た」という理由とは?

相模原戦のハイライトは丹羽詩温のPKでも嶋田の2点目でもなく、庄司朋乃也の49分のスライディングタックルだった。仮にあの時間帯で先制されていれば、もっともっと難しい展開になっていただろう。

 

石尾崚雅がホムロに弾かれたところからピンチになったように見えたが、庄司は「2センターバック、どっちも準備の悪さが出た」と言う。それはどういうことなのだろうか。

(残り 1088文字/全文: 1267文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ