FOOTBALL TODAY KANAZAWA

ミスマッチをつききれなかった90分【第10節・栃木戦レビュー】

栃木の田坂和昭監督は試合後に「前回の勝点1はどちらかというと勝点2を逃したという感じでしたが、今日は勝点1をよく拾ってくれたのではないかと思っています」(栃木公式サイトより)と語っていた。その言葉を裏返せば、金沢にとっては勝点2を落としたことになる。事実、大谷駿斗も「勝点2を失ったゲームだった。もったいない引き分けになってしまった」と試合を振り返っている。

 

柳下正明監督はチームとしての狙いをやり続けられなかったと悔やんでいたが、それはどういった部分だったのだろうか。

(残り 1620文字/全文: 1860文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ