FOOTBALL TODAY KANAZAWA

番長は喧嘩の仕方を知ってたっス。冬にもう一度、夜露死苦!【第19節・京都戦レビュー】

ツッパリ風に表現すると、こうなるだろうか。

 

三沢直人のミドルキックと宮吉拓実のスライディングキックを食らってしまったが、「上州の虎」OBである渡邊泰基の右ミドルで一矢報いた。ただ最後は杉浦恭平の「頭突き」が「罵悪(バー)」に阻まれ、京都番長とのタイマンに勝つことはできず。それでも柳下正明総長は「もう1試合アウェイである」とリベンジを誓っていた。

(残り 1617文字/全文: 1795文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ