FOOTBALL TODAY KANAZAWA

1でも3でも勝点が必要な状況で、どんな戦い方を選択するのか【第24節・長崎戦プレビュー】

 

ボランチのふたりへの要求

 

前節の磐田戦は守備時は後ろを5枚にし、試合途中からはさらに専守防衛気味に戦った金沢。5バック気味にしながらも当初は前で奪えるような準備をしていたが、磐田は臨機応変にそれを外してきた。難しい相手を前にして勝点をとる方法を最大限模索した結果が、ああいった戦い方だった。今節の相手も今回の相手も個の能力が高い長崎。柳下正明監督はどんな戦い方を選択するのだろうか。

(残り 1969文字/全文: 2171文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ