FOOTBALL TODAY KANAZAWA

サードユニフォーム着用最後の試合。「不屈の精神」「忍耐」以上に気になった梅の花言葉【第28節・町田戦プレビュー】

 

柳下監督が町田のキーマンに挙げた選手とは?

 

シュート2本、最後の最後にオウンゴールで勝った町田戦から5ヶ月。いまの町田はさらに強力なチームになった印象がある。とくに個々の選手は吉尾海夏、髙江麗央、佐野海舟といった若い選手の進境が著しく、ドゥドゥ、安井拓也、太田修介、鄭大世などがベンチに控えるなど、選手層はかなり厚くなっている。3ヶ年計画でJ1昇格を狙っているようだが、来年は本当にそれを狙えるのではないか(少なくともプレーオフは現実目標だろう)と思われるほど、いいチームに仕上がっている。

 

過去を振り返ってみると2018年度の決算では金沢よりチーム人件費が少なかった町田だが、サイバーエージェントグループに入ったことでクラブとして着実に進歩している。いまはまだハード面への投資が多いのかもしれないが、やはりお金があるというのは素晴らしいことだ。

 

ただしピッチ上の結果はまた別物。事実、前回対戦だけでなく2019年から負けていない。今回も勝利のためにチームは準備を進めている。

(残り 2562文字/全文: 3021文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ