FOOTBALL TODAY KANAZAWA

潰せなかった金沢、潰された金沢【第28節・町田戦レビュー】

 

楔と起点

 

選手個々のクオリティの差が結果に表れた試合だった。フィニッシュ、相手の起点を潰す守備、球際の強さ等々。町田は平戸太貴の穴を感じさせなかったが、金沢は庄司朋乃也の不在を痛感させられる内容だった。庄司がいれば失点を防げたと言うつもりはないが、いまの金沢はひとりで守れて、ある程度カバーもできる彼がいなければ苦しい守備を強いられる。

 

すべての部分で町田に大きく劣っていたわけではないが、とくに攻撃でスピードが上がった際の正確さ、また守備で相手の起点を潰せるかという部分での差は大きかった。

(残り 2051文字/全文: 2313文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ