FOOTBALL TODAY KANAZAWA

金子昌広が口にした「最低限に戻ってきたかな」という言葉。相模原戦で今シーズン最長出場できた理由

相模原戦で9試合ぶりのスタメンで、シーズン最長となる84分間プレーした金子昌広。守備でも川﨑裕大にプレスをかけスイッチを入れ続けていた。明らかに動きの質と量に変化が見られた裏にはなにがあったのだろうか。

(残り 948文字/全文: 1049文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ