FOOTBALL TODAY KANAZAWA

余裕を見せたらタコ殴りにされた【第40節・栃木戦レビュー】

 

なぜ流れが変わったのか

 

相手のまわしをとっているのに、それをみすみす手離して戦う変な横綱相撲というか。先制パンチを打って有利に進めたボクシングで「殴らせてやるよ」と相手に一発入れさせる正々堂々さというか。栃木との直接対決は清々しいほどの姿勢で流れを失った。

 

いい時間帯でガムシャラにゴールを奪いにいかず、不用意なミスや矛を収めるような姿勢を見せたところからリズムを明け渡す。今シーズン、よく見た光景がそこにあった。

(残り 2078文字/全文: 2301文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ