FOOTBALL TODAY KANAZAWA

劇的なホーム最終戦と指揮官の挨拶に込められた思い【第41節・山形戦レビュー】

 

徹底した戦い方

 

決定的なチャンスで決められず、終盤に先制してもすぐに追いつかれる。ホームでの磐田戦を思い起こさせるような嫌な展開だった。それでも今回は勝利を収めることができた。それは柳下監督のどこまでも現実的で勝ちと勝点にこだわる姿勢、そして強い気持ちでゴールに向かい決めるべきところで決めた瀬沼優司の決定力によるところが大きかった。

(残り 2627文字/全文: 2805文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ