FOOTBALL TODAY KANAZAWA

体を絞って新シーズンに臨む平松昇。「もう争いがバチバチ始まっている」【コメント】

昨年8月、湘南から期限付き移籍で加わった平松昇。唯一の途中加入選手だったが、残留争いの苦しい戦いを強いられるチームの貴重な戦力となり、シーズン後には柳下正明監督も「力になってくれた」と口にしていた。

 

そして迎えた新たなシーズン。平松は期限付き移籍期間を延長し、今年も金沢の選手として戦うことを決断した(育成型のため呼び戻される可能性はあるが)。キャンプでは鋭いプレースキックも披露するなど、より中心選手になっていきそうな予感を漂わせる平松に話を聞いた。

(残り 1544文字/全文: 1775文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ