FOOTBALL TODAY KANAZAWA

多くの課題と前向きに向き合うふたりの新人。黒木謙吾「改善していけば、もっと上にいける」。波本頼「『ここでうまくなれる』と日々感じている」【コメント】

昨日は長峰祐斗のコメントを掲載したが、今回は黒木謙吾と波本頼。ふたりは大卒と高卒という違いはあれど、同じセンターバックのポジションを争うライバルでもある。プロ選手となって初めてのキャンプでは柳下正明監督から多くの要求、細かな改善を求められている姿をよく目にする。さぞかし悩んでいるかと思いきや、ふたりの受け答えからは、前向きでポジティブにこのキャンプに挑んでいる姿が見えてきた。

(残り 2359文字/全文: 2548文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ