FOOTBALL TODAY KANAZAWA

ウイング怖い【第18節・東京ヴェルディ戦プレビュー】

4失点の記憶が残るチームとの対戦が続く。今節も前回対戦で0−4で敗れた東京ヴェルディとの対戦となる。その試合はいろいろと想定外なことがあったが、その筆頭が新井瑞希。シーズン初先発となった新井にまったく対処できず、ズッタズタのボッコボコのギッタンギッタンにされた。

 

ヴェルディのワイドには小池純輝や杉本竜士という経験をもった選手がいて、さらにバスケス・バイロンという新星も加わった。蛇、蜘蛛、ムカデと、この世に怖いものは数あれど「ヴェルディのウイングほど怖いものはないねぇよなあ」。

(残り 2382文字/全文: 2627文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ