【サッカー人気5位】江坂任がリーグ優勝のために求められる得…

福島ユナマガ

【福島】『グッズ売りの少女』はクラブの未来に火を灯す / フロントスタッフ・グッズ担当 西井玲美インタビュー(2)「作家さんと企画した商品は完売も楽しみに」

いよいよ、福島ユナイテッドFCはJ2を目指す戦いへ――。そこへ挑む気持ちはオフ・ザ・ピッチで業務に取り組むスタッフも同じだ。グッズ担当の“れみぱん”こと西井玲美もその一人。2020年入社、新卒3年目にしてクラブのマスコットガールになりつつある彼女は何者なのか。インタビューの第2回をお届けする。(取材・文:FURUBAYASHI SATOSHI、写真:小林健志)

――れみぱんさんはJリーグでも数少ないケースで、グッズ担当として独立してSNSを運用していますよね。

このクラブに入った時からコロナ禍がはじまって、無観客試合でお客さんとも関われなかったので始めてみました。ツエーゲン(金沢)のグッズ担当さんがSNSをやっているのを知って、それを参考にしたんです。SNSはプライベートでも使ったことがなく、最初は抵抗がありました。始めたばかりの頃は何を投稿していいのかわからなくて。今はあるスポンサーさんが朝の挨拶を呟いているのを見て、習慣にして投稿しています。

運用する上では、公式っぽくグッズを宣伝しようというだけじゃなくて、サポーターの方とコミュニケーションが取れるように心がけています。紹介した商品を「買ったよ」と言ってもらえたり、最近だと新商品の話で盛り上がったりとか、そういうのがあると私も嬉しいので。

――販売にも影響していますか?

昨季は福島以外の場所へ出張販売も多かったんですが、そのときに他のクラブのサポーターさんに認知されていたことがよくあって、やっていてよかったと思いました。あと、アパレル系は特に着てみた感じ……例えばサイズ感とか素材とかすごく気になるじゃないですか。そういうのも伝えられたりしますよね。

他にも、売り場で話した情報をサポーターさんがSNSで拡散してもらえたりすると本当にありがたいです。

――売上も好調とお聞きしました。手応えはつかんでいますか?

(残り 962文字/全文: 1747文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ