福島ユナマガ

FW堤聖司「今年始まった頃より抜け出しの部分で迷いが無くなりつつある。まずチームのことを考え、そこに自分のゴールやアシストが加わればベスト」【第14節八戸戦に向けて】

(質問は全てユナマガ小林質問)
――岐阜戦を振り返って。

0-1で負けている状態で試合に出て、何かチームのためにやりたかったのが一番あります。

――良いスペースは見えていて、そこに入っていけているので、あとはシュートを打つだけに見えますが。

ゴール前に入っていくことが自分の武器だと思っていますので、あとは点、数字の部分だけかなと思います。

――少しずつ試合出場が増えてきて、手応えは感じていますか。

(残り 559文字/全文: 754文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ