福島ユナマガ

服部年宏監督「攻撃でやろうとしていることのイメージはだいぶ揃ってきている。練習でトライしていることを試合で出せれば」【第14節八戸戦に向けて】

――終盤は猛攻を見せましたが、敗れた岐阜戦を振り返って(ユナマガ小林質問)

自分たちの時間はあったけれども、相手が嫌がることをできなかったという印象です。もう少しゴールに迫るためにどうするかがまだまだ足りない印象です。

――守備も流れの中からの失点はありませんが、セットプレーから3試合連続失点しているのは何か意識されているところですか(ユナマガ小林質問)

どうしてもいろいろ手を打ってもやられる時はやられます。特に今回はキッカーのボールも本当に良かったので。だからと言ってやられて良いわけじゃないので、修正していかなければいけないところですし、逆に防げる失点だと思いますし、やっていかないといけないと思います。

――攻撃の部分で練習中監督も選手もアイデアを出し合う場面も見られましたが(ユナマガ小林質問)

(残り 820文字/全文: 1172文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ