「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

【日本代表コラム】大迫がA代表で進むべき道 / キリンチャレンジカップ ガーナ戦を終えて(2013/9/12)

 ガーナのゴールに向かってドリブルを仕掛ける姿を見て、多くの人が横浜FM戦の光景を思い浮かべたことだろう。細かくステップを踏みながら、対峙した中澤佑二にどちらのサイドも切らせず、そのままコースを射貫いた圧巻のゴール。その再現か、と思われたが、大迫は走り込む本田圭佑へのパスを選択した。

「たられば」

 あの場面の判断を尋ねられると、試合後も、そして今日も、大迫は結果論にすぎないと取り合わなかった。

(残り 498文字/全文: 693文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ