「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

【選手コメント】「レナトを抑えるのは日本人では無理だと思った。けど…」 / 青木剛(2013.10.24)

 もう一度も負けられない。残り5試合は全部勝たなければACLの出場権も手に入らないかもしれない。選手によって川崎フロンターレ戦の受け止め方は様々だろうが、青木剛は「試されている」という表現を使った。

「順位的にも直接対決になる。FC東京、浦和、フロンターレと直接対決というか、勝つか負けるかで順位が変わる戦いが続いている。自分たちがシーズンのなかでどういった順位で終えるかを試されているところもある。浦和戦ではいい結果が出なかったけれど、それを引きずってしまうのか、フロンターレに勝って、まだまだ上を狙うという気持ちを持っていくか、分岐点の試合になる。上に食らいついていく姿勢が問われていると思う」

(残り 1074文字/全文: 1371文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ