「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

【レビュー】伊東選手の起用は大正解 / Jリーグ第30節 川崎フロンターレ戦(2013.10.29)

ーー立ち上がり、川崎フロンターレが果敢に攻め込んできましたが、相手のミスをついて先制点を決めました。鹿島の立ち上がりの評価はいかがでしたか?
田中「ちょっとアタフタした部分もありましたが、悪くない立ち上がりだったと思います。相手がガンガン攻めてくるのに対し、こちらも一歩も引かない姿勢を見せ、ボールを奪えば縦に入れる意識を貫いていました。結果的には、曽ヶ端選手の好セーブで失点を防ぎ、土居選手が得点を取ったことで試合は大きく鹿島に傾きましたが、もし先に失点しても最終的には鹿島が勝った試合だったように思います。それくらいチームとして激しい闘争心を見せることができた試合だったと思います。

(残り 2107文字/全文: 2399文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ