「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

【選手コメント】「こういう試合をしていたら勝っていけない」 / 小笠原満男、他5選手(2013.11.10)

●山村和也選手

「時間も無かったですし、悪い時間帯で取られてしまったので、引き分けで終わっても仕方がない取られ方でしたけど、サコが最後に勝負強さを出してくれて点を取ることができたので、それは本当に良かったと思います」

ーー相手は10人でしたがペナルティエリア内でプレーされることも多かったと思うが?
「相手が10人になって、少し受け身になってしまった部分があったのかもしれない。ちょっと流れが悪い時間をつくってしまって、自分たちでボールを動かして自分たちのリズムで後半45分間をやることができなかったという印象です」

ーー勝ち切れたことは大きい?
「ずっと勝っていかないと優勝できないと言ってきてるので、今日は結果が着いてきたと思いますけど、反省すべき点はたくさん出たと思う。次はそこが出ないようにしていきたい」

ーー前半、敢えて風下を選んだと思うんだけれど、ロングボールの対応は難しくなかったですか?
「そうですね、伸びるときとそうでないときがあって、対応に戸惑うことは多かったですけど、前半ゼロに抑えることができたのは良かったと思います」

ーー後半に勢い持って攻めるために、前半は風下を選んだんですよね?
「そうです。でも、風が止んでしまったので。そこはちょっと残念な部分がありましたけど、相手は10人で戦ってきてるんで、ボールをしっかり保持して自分たちのリズムでやれたら良かったです」

 

●青木剛選手

「前半は、風の難しさもありましたし、相手もかなり球際に来たりして、そういった圧力みたいなのを感じました。でも、相手もかなり球際に来てるのがあって退場に繋がったんだと思う。前半は、結構ボールが延びてきたりしたので、なるべくリスクを負わずにやって、しっかりゼロで折り返せれば後半有利になるかな、と思っていました。前半最後の方に満男さんがFKを決めましたけど、前半はしっかり折り返せたかな、と思います」

ーー風の影響はかなりあった?
「風プラス相手の勢いの両方で、圧力みたいなものを感じました。風もあったのでなかなか繋ぐのも難しかった」

(残り 1609文字/全文: 2470文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ