「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

【レビュー】守備バランスが崩れないように攻撃サイドを制限 / Jリーグ第3節サガン鳥栖戦を終えて(2014.3.17)

 3試合を終えて勝点9を得ただけでなく得点9に失点0。トニーニョ・セレーゾの2年目は、これ以上望みようのない好成績でスタートした。3連勝で若手は自信を掴み、チームは良い形を成そうとしている。楽観論を述べるつもりはないが、来月末までチームはそれなりの戦いを続けるのではないだろうか。まずは今後の日程を確認してみたい。

(残り 1743文字/全文: 1899文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック