「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

【家族の風景】元チームメイトが見たW杯ブラジル大会での内田篤人/内田篤人(2014.06.25)

 コロンビア戦後、内田篤人が日本代表引退の可能性を示唆したという。ただ、元チームメイトは大きく世界に羽ばたく彼の姿を頼もしく見つめていた。
 
「(篤人が)一番良かったように見えた。とても守備のセンスがある選手。前回大会では守備の方が負担になるから先発から外れたと聞いたけど信じられなかった。ヘディングもしっかり競れるしスピードもある。僕がやってきたなかで一番気が利くディフェンスの選手」(曽ヶ端準)

「抜群だったね。最後、コロンビアにやられちゃったけれど、それでも体に当たっていた。こっちに来てリハビリもしっかりやっていたし、いけると思ってました」(本山雅志)

「ウッチーはがんばっていた。怪我をして復帰したばかりであれだけやれていた。怪我がなければもっとやれたと思う。改めてウッチーはすごいと思った」(遠藤康)

 個人的には次のキャプテンを務められるのは彼しかいないと思っている。しかし、こればかりは本人が決めることだ。
 いまは体を休め、冷静になったところで改めて判断を下して欲しい。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック