「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

【コラム】2試合を終えた石井新体制を振り返る。その目指すチーム像は?(2015.08.02)

 石井新体制になって選手の評価基準が変わり再びポジション争いは激しくなった。やはり競争が激しくなることでチームは活性化する。さらに、トニーニョ・セレーゾはある種のレッテルを貼ってしまうところがあり、一度下された評価を覆すのはなかなか難しいところがあった。それが選手の能力発露を阻害していた部分もあったため、完全にフラットな評価に戻ったことはそうした選手のモチベーションを再び高める効果も出ている。ちょうど半期が過ぎたいま、選手の評価を振り返ってみたい。

 

(残り 4380文字/全文: 4606文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ