「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

【レビュー】落ち着いた試合運びを見せた鹿島ユース。1stレグを3-0で大勝しタイトル獲得へ王手/ACT2015決勝 フレンツ・ユナイテッド戦1stレグ(2015.11.12)

鹿島ユース 30 フレンツ・ユナイテッドA(マレーシア)

【得点者】
1
0  DF町田浩樹
2
0  MF西本卓申
3
0  FW垣田裕暉

 

 

 序盤こそ、1トップに入った垣田裕暉が起点をつくれずに苦しんだものの、徐々に高さでも速さでも通用することがわかり始めると、鹿島ユースの選手たちは落ち着きを取り戻し、試合を支配するようになっていった。しかし、流れを掴んだからと言ってゴールが生まれるわけではない。8分、左サイドからすばやいスローインを受けた垣田が抜け出し、ゴール前に待つ西本卓申へシュート性のクロスを送ったチャンスが、そのままゴール前を通過してしまったのを手始めに、次々と訪れるチャンスを逃し続けてしまう。

 

(残り 808文字/全文: 1104文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック