「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

【キャンプ情報】新人4人が直面する本物のプロになるための第一関門/宮崎キャンプ情報vol.29(2016.01.27)

 午後練習はポジションに分かれたトレーニングだった。守備陣は、大岩剛コーチの下でクロスに対する対応の確認をしつこく行った。ゴール前に2人の選手が入り、右からは大岩コーチが、左からは羽田憲司コーチが蹴り込んでくるボールを、2人で声を掛け合いながらクリアする、というもの。なにが起きるのかわかっていない試合に比べると、想定できるシーンは遥かに少なく限定されていたが、それでも声を出すことになれていない若い選手たちからは、戦う上で最も必要な声が聞かれなかった。

 

 

 

(残り 1018文字/全文: 1252文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック