「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

【コラム】自在にポジションを変える右SBの是非について(2016.09.07)

 天皇杯のカターレ富山との試合で、右SBに入った西大伍はボランチの位置に立ってパスを受けるプレーを見せた。攻撃にどこまで効果があったのかはわからない。前半は相手を崩すまでには至らなかったが、ビルドアップに詰まることは少なかったはず。一定の効果があったと見るべきだろう。

(残り 1524文字/全文: 1657文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ