「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

【プレビュー】1点を巡る攻防か/明治安田生命J1リーグ第9節 サガン鳥栖戦(2017.04.29)

 蔚山現代を4-0で一蹴してから中三日で迎えるのはサガン鳥栖との一戦だ。鳥栖の布陣は昨季と変わらず[4-3-1-2]だが、昨季2ndステージで敗れたときは高橋義希が3ボランチの中央に入っていたものの、ここ最近は小川佳純がそのポジションに着いている。

 「ビルドアップの仕方に特長がある。そこはしっかり抑えたい」と石井正忠監督。先制されると「1点取ると守備は堅い」(昌子源)。こちらもホームで13敗と結果を残せて良いないが、相手もアウェイでは未勝利。昨季の対戦は2試合とも1-0での決着だったが、今回も1点を巡る戦いになりそうだ。

 

(残り 919文字/全文: 1182文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ