「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

【練習レポート】フィジカルトレーニングが復活。そこから見え隠れする大岩監督の意図(2017.06.09)

 素走りにゴムを使ったシャトルラン。今週は、ここしばらく見られていなかったフィジカル強化に特化したメニューがたくさん取り入れられた。石井さんはボールを使ったトレーニングが主体だったため、ボールを蹴る動作以外の動きで負荷をかけるのはファンクショナルトレーニングが主だった。もちろん、トレーニングメニュー自体に意味があるわけではなく、実行する選手がどういうメンタリティで行うかが重要な訳だが、選手たちは負荷のかかるトレーニングを好意的に受け止めていた。

 

(残り 1017文字/全文: 1241文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック