「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

【レビュー】ベールを脱いだ獰猛なまでの攻撃性。FC東京をあと一歩まで追い詰めた大岩采配/明治安田生命J1リーグ第18節 FC東京戦(2017.07.10)

 先制点は鮮やかな形で決まった。

 自陣でボールを奪ったところから攻撃が始まった。レアンドロがボールを持ち上がって右サイドに展開すると、ワイドに開いた遠藤康がボールを落ち着かせる間もなく、間髪入れずに西大伍がインナーラップして遠藤を追い越していく。駆け上がる西が精一杯足を伸ばしながらボールを折り返すと、その先に金崎夢生が頭から飛び込みヘディングシュート。惜しくもシュートはキーパーに弾かれたものの、その跳ね返りをペドロ・ジュニオールが頭で押し込み、電光石火の美しい先制点が決まった。

 その後、あっけないミスから2失点したものの、76分にはペドロが個人技で同点弾を叩き込む。勝ち切ることはできなかったが勝点1を奪い、1週間で3試合のアウェイゲームという前代未聞の悪条件を21分で終えたのである。

 試合後、記者会見に臨んだ大岩監督は「このタイトなスケジュールのなかで非常にすばらしいパフォーマンスをしてくれて、彼らのタフさに感服しています」と選手を讃えたが、会見が終わり席を立つ監督に、報道陣からは拍手が贈られるのだった。

 

 

(残り 1907文字/全文: 2403文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック