「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

【プレビュー】セビージャが残してくれたものを自分たちのものに/明治安田生命J1リーグ第19節 ヴァンフォーレ甲府戦(2017.07.28)

 甲府を模した3バックの控え組が主力組のゴールに襲いかかる。それまで押し込んでいた主力組からボールを奪うと安部裕葵がセビージャ戦で見せた鋭いドリブルを開始。あまりの速さに追いかけたレアンドロがファウルで止めるしか、攻撃を阻止する方法がない。その安部はゴール左前から鋭いシュートを放って右ポストに弾かれてしまうものの、こぼれ球を拾った伊東幸敏からの折り返しを今度はゴールに突き刺した。

 紅白戦は、非常に質の高いなかで行われていた。

 

(残り 1986文字/全文: 2199文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック