「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

☆無料記事☆大岩剛監督「次に絶対に勝ち抜けるんだという言葉をミーティングで言いました」/ルヴァン杯準々決勝第1戦 ベガルタ仙台戦(2017.08.30)

■大岩剛監督

セットプレーから失点してしまったのでなかなか自分たちの流れにすることができませんでしたけども、最後9人になっても戦い続けた選手たちにお疲れさんという言葉と、次に絶対に勝ち抜けるんだという言葉をミーティングで言いました。

 

――セットプレーから2失点しましたが、リーグ戦から5人変わったことで守備に乱れがあったのか、それとも相手のCKの精度が上まわったのかどちらでしょうか?

精度が非常にいいCKだったと思います。

 

――前半からCKを与える回数が多かったと思いますが、その辺りについてDFに注意点を伝えたのでしょうか?

まだ伝えていません。しっかり分析してからいろんな指示をしていきたいと思います。

 

――日本代表にCBが2人取られているなかで、次の試合はブエノ選手が出場停止です。どういうプランを思い描いていますか?

まだプランを描くところまでいっていないです。ただ、いる選手でやっていかなければならないですし、その準備をこの短い期間でしたいと思います。

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック