「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

【レビュー】味方の特徴を踏まえた守備、気を利かせた守備が求められる/明治安田生命J1リーグ第26節 アルビレックス新潟戦(2017.09.18)

 オズワルド・オリヴェイラの3連覇チームはかなり完成されたチームだったが、大岩剛率いるいまの鹿島はまだまだ伸び代がありそうだ。新潟戦は前半の入りが悪く、2点のビハインドを背負う展開となった。

 19分にはドウグラス・タンキに、そして45分にはホニに、それぞれ左サイドからのクロスを沈められた。首位のチームが最もやってはいけない点の取られ方だ。

 各々の選手が守るべきポジションから守備をスタートできたとき、そう簡単に崩されるものではない。しかし、1失点目も2失点目も守備が混乱したスキを突かれたものだった。守備陣形が崩れたときにすばやく対応できるかがチームの守備力に直結するわけだが、3試合連続無失点を続けているチームとは思えないほどお粗末な守備だった。後半、レアンドロのハットトリックで4-2の勝利を挙げたが、決して褒められた内容ではない。

 

 

(残り 1467文字/全文: 1868文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック