「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

【コラム】今季以上に新監督が誕生しそうな2018シーズン(2017.10.06)

 10月に入り、各チームから来季に向けた動きがちらほら見られるようになった。特徴的なのは、来季に向けて指揮官を替えて戦うクラブが多そうだということ。広島や川崎Fのように前任者のサッカーをうまく受け継ぎ、ウィークポイントを消して強くなっていく事例もあるが、すべてのクラブが継続的な強化ができるわけではない。監督選びにはどのクラブも苦労している印象もあるだけに今後の動きは要注目だ。

 

 

 今季の始まりは次のようだった。

(残り 2097文字/全文: 2302文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック