「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

【レビュー】噛み合った歯車。昨季終盤の雰囲気が感じられた勝利/明治安田生命J1リーグ第31節 コンサドーレ札幌戦(2017.10.29)

 守備の集中力が高い鹿島らしい試合だった。相手は都倉賢とジェイという飛び道具があるため一瞬でも気を許せば失点の可能性が出る。しかし、そうした相手に全く気を許すことなく全員がやるべきことをこなす。漂う緊迫感は昨季のそれと終盤戦と同じ。リーグタイトルを獲得するためには一つも負けられない状況のなかで見事な勝利だった。

 

(残り 1875文字/全文: 2031文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック