「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

決定的な敗戦/【レビュー】明治安田生命J1リーグ第7節 FC東京戦

かなり厳しい敗戦だ。

ここまで内容がないのでは勝つのは難しい。どうやってスペースをつくり出し、どうやってゴールに迫るのか、同じ[4-4-2]のFC東京だったからこそ誤魔化しようもなく、チームの現状が白日の下にさらされた。

「怪我人も出たということでチームとしての勢いが少しなくなってしまったのではないかと。後半、ハーフタイムにギアをあげてやるように言ったんですけど、FC東京さんの勢いに負けてしまったという風に思っています」

試合後、大岩剛監督はこのように総括したが、相手を上まわるポイントが“勢い”でしかないなら、これ以上現体制を続けていくことは難しい。

 

(残り 1656文字/全文: 1937文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック