「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

大岩剛監督「取り組んだトレーニングの成果が少し、結果として表れたんじゃないか」/【コメント】天皇杯3回戦 町田ゼルビア戦

■大岩剛監督

中断明けの公式戦一つ目で、いろんなプレッシャーがあるなかで選手がアグレッシブに前向きに入ってくれたことで、非常にいいゲームができたと思います。1週間後に始まるJリーグにむけてしっかり準備をして臨みたいと思っています。

 

――中断期間で一番選手に言ったり強化した部分、強調した部分は?

今年の前半戦、中断前までの我々の成績というか勝敗を見ると、得点が少ないということを課題にして中断に入りました。キャンプでトレーニングを含めて、ビルドアップからポゼッション、最後のフィニッシュまで、自分たちが意図的に攻撃を構築していこうということで取り組みました。また、奪われたあとの切り替えですね。攻撃するためにボールを奪い返すことにしっかりフォーカスして攻守に取り組んできました。前半の入り方は町田さんに少し勢いを与えてしまいましたけど、そのあとしっかり修正して、ゲームのなかで状況判断をして、自分たちがプレーをアグレッシブに90分間やってくれたと思います。取り組んだトレーニングの成果が少し、結果として表れたんじゃないかと思います。

 

――いま“少し”という言葉を使われましたが、その理由を教えて下さい。

選手も非常に前向きに、積極的にやってくれたことは非常に評価しています。ただ、当然ゲームのなかでミスもありましたし、もっともっと精度を上げなければいけない。ボールの奪われ方であったり失点の仕方であったり、そういうところはしっかり修正しなければいけないと思っています。1週間後のJリーグに向けて、今日出た課題をしっかり取り組む、修正していくということを踏まえて、全般的にこの試合を評価したいと思います。

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック