「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

★無料記事★大岩剛監督「もっともっと自分たちがボールを持っているときの精度を上げていかなければ」/【コメント】明治安田生命J1リーグ第19節 FC東京戦

■大岩剛監督

いい形で先制したんですけど、後半の途中、相手に勢いを与えるような失点をしてからなかなか押し返すことができないゲームになりました。ただ、選手はこのなかでアグレッシブな姿勢は見せてくれたので、しっかりと評価して次に向かいたいと思います。

 

――FC東京さんに比べるとローテーションはしませんでした。選手の体の重さやコンディションの差を感じるところはありましたか?

コンディションの差が出たとは決して思ってないんですけど、ボールに寄せる速さは相手の方があったので、それをいかにかいくぐるかというのができなかったことが悔やまれます。もっともっと自分たちがボールを持っているときの精度を上げていかなければいけないんじゃないかと感じています。

 

――前節のG大阪戦と今節と、コンパクトさでは相手の方が上まわっている試合が続いていると思います。その点について監督はどうお考えですか?

さっきの言いましたボールへの寄せ、アプローチの一つ、スプリントの一つ一つが相手の方が勢いがあったのかなと。我々の方が少し欠けていたのかな、と思います。ただ、それをかいくぐる自分たちのボールの動かし方をもっともっと高めていかないといけないんじゃないかと感じました。

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック