「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

継続・好転・加速/【プレビュー】明治安田生命J1リーグ第26節 湘南ベルマーレ戦

 今回の試合のテーマが継続であることは言うまでもないだろう。いい試合をした後だからこそ、それを継続できるかどうかが大事になる。それはルヴァンカップの試合直後から内田篤人が指摘していた。

「 ACL でいい試合をしたと思えば広島にころっと負ける。それは自力がないから」

 誰が出たとしても同じような試合ができるかどうか。そのことは、今後も続く過密日程を戦い抜く上で、とても重要になるだろう。

 

 ルヴァンカップを勝ち抜いたことで今後の日程はとんでもないものになった。どうやらシーズン終了まで週2試合のペースはほぼ維持される。正直ここまでの過密日程は未知の世界だ。

 2016年はチャンピオンシップを戦い抜き、クラブワールドカップから天皇杯まで、怒涛の日程を走り抜けたが、あれもわずか一か月余りの出来事。それが今回は7月中旬から場合によっては年末まで試合が続くことになる。チームにどういう現象が起こり、来季にどういう反動が来るのかもわからないが、とにかく目の前の試合を勝ってタイトルを一つでも多く獲得しなければならない。

 そのためにはせっかくできた勢いに乗ることが最も効率的だ。これまで何度かチャンスはあったが波に乗り切れなかった。今回こそは逃したくない。

 

(残り 735文字/全文: 1261文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ