「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

ベクトルは一つにまとまった/【レビュー】明治安田生命J1リーグ第26節 湘南ベルマーレ戦

 ルヴァンカップでできた方向性はこの試合でも継続された。いい守備からいい攻撃は始まる、という考えのもと、選手たちは苦しい時間帯でも慌てることなく戦えていた。ルヴァンカップからメンバーが入れ替わってもそれを踏襲できたことは喜ぶべきことだろう。本来の理想はもっともっと高く、いまいるのは最低限のところかもしれないが、チームに統一感が生まれてきた。選手の質で勝負が決まったことは、卑下することでも過小評価することでもない。

 

(残り 1750文字/全文: 1963文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック