「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

☆無料記事☆大岩剛監督「非常に重要な一戦を勝てて非常に嬉しく思います」/【コメント】天皇杯準々決勝 ヴァンフォーレ甲府戦

■大岩剛監督

なかなか難しいゲームの入り方でした。意識はさせましたけど、選手も意識をして、この難しいゲームに入ってくれたと思います。ただ、甲府さんの非常に組織立ったいいプレーに、なかなか我々のペースに持って行けなくて苦労しました。非常に重要な一戦を勝てて非常に嬉しく思います。

 

-- 試合の難しさを感じた部分はどこですか?

これは見方によって色々あると思うのですが、我々からしたら優勝した後の試合です。しっかりと頭を切り替えなければいけませんでした。精神的な部分ですね。主にメンタルの部分が非常に難しかったと思います。甲府さんにしてみたら我々を食ってやろうという気持ちでくると思いますし、メディアの方から見たら 我々に対しての注目度も高いでしょうし、自分たちのことに集中しよう、頭を切り替えよう、という話しはしましたけれども、意識すればするほど、切り替えよう切り替えようとすればするほど、難しくなってしまうんだなと私自身も感じました。選手自身もそういう気持ちの中で、ゲームの中で臨機応変にやりながら、うまくいかないながらも修正をしながらやってくれたというのは、非常に評価できるところじゃないかと思います。

 

-- アジア王者としての初戦を勝利できたことについての率直な感想をお願いします

非常に嬉しいですし、選手がパフォーマンス自体を上げてくれる選手たちなので信頼していますし、また次のラウンドに進めるということで非常に嬉しく思っています。

 

-- 鈴木選手がいない影響はあったのでしょうか?また次の試合には出てくるのでしょうか?

鈴木の影響は僕自身はあまり感じませんでした。他の選手がいい準備をしていますし、ただ得点が入らなかったり苦労すれば、そういう見方をされてしまうんじゃないかなと感じていました。ただ、これはシーズンを通してずっと言っていますけれど、総力戦です。誰が出ても鹿島のサッカーをする、粘り強くやる、うまくいかなくても自分達のサッカーをやる、ということを言い続けてきたので、今日もそれをやれたんじゃないかと感じています。

鈴木は怪我の状態はだいぶ良くなっていると聞いています。練習の強度も上がっています。 次の試合の Jリーグ、もしくはその次の最終節、できるだけ早く戻ってくることで選手の一体感がもっともっと大きくなると思いますので、非常にそこは期待しています。

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック