「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

新ユース寮の建設からうかがえる未来/【チーム編成】@新体制会見

 2019年の新体制発表会見ではいくつかの注目点があった。

 もちろんいちばんは安部裕葵が背番号10を背負うことだろう。柴崎岳でさえ6年目になって初めて10番を付けた。それを3年目の安部が付ける意味は重い。昨季以上の活躍が期待されているというだけでなく、チームの軸になる存在、チームを勝たせられる存在になることが求められている。2018シーズンはJ1リーグ戦で2得点しか奪うことができなかった。クラブワールドカップでは鮮烈なゴールを決めたが、国内でそれだけのプレーを見せる必要がある。

 クラブの事業戦略についても興味深い発表があったなかで、着目したいのはひっそりと紹介された新ユース寮の建設だ。

 

(残り 1303文字/全文: 1602文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ