「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

FW19山口一真・出した結論/【プレイヤーズファイル】

 23日午前の締めくくりは、ピッチが3分割され、そのエリアに入れる選手の数が限定された8対8のトレーニングだった。そのなかで何度も何度もシュートを放ったのは山口一真だった。相手にブロックされても、逆サイドに流し込むシュートが外れても、シュートへの意欲は衰えなかった。

 

 

 

(残り 785文字/全文: 935文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック