「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

MF10安部裕葵・10番を背負う覚悟/【プレイヤーズファイル】

 安部裕葵が、2016年の柴崎岳のようになってきた。

 ボールを持たせれば技術レベルでNO.1。フィジカルトレーニングをやってもNO.1。喉から心臓が飛び出るほど苦しく厳しいインターバルトレーニングにも最後まで根を上げることなく、快足を飛ばして走りきった。

 

 

(残り 527文字/全文: 664文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック