「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

今季のキッカーは誰か?/【練習レポート】1/26@宮崎キャンプ

 明日のテゲバジャーロ宮崎戦を控え、午前中にはセットプレーの形が確認された。

 ダミー人形を3体置き、ニアサイドには羽田憲司コーチが控えるゴール前に5人の選手が飛び込む。そこに少し遠目の位置からFKを合わせる、というトレーニングだった。

 キッカーに入ったのは、右サイドからがセルジーニョ、レオ・シルバ、遠藤康、平戸太貴、佐々木翔悟、永木亮太の6人。左サイドに移ってからはセルジーニョに代わって山口一真がキッカーを務めた。

 

 

 両サイドから精度の高いボールを蹴っていたのは永木。右サイドではセルジーニョ。左では平戸と佐々木、山口もいいボールを蹴っていた。一方、レオや遠藤はそもそもボールが上がらず苦しんでいた。

 セットプレーからゴールを奪えれば、それだけ試合運びは楽になる。永木がキッカーとして高い精度を保てるならセットプレーの得点力も改善できるかもしれない。

 平戸太貴のキック力も捨てがたかった。特に左からのキックはすばらしい。ほとんどすべてのボールが”あとは中の選手が合わせるだけ”という精度だった。小笠原満男や野沢拓也の全盛期を思わせる精度は、Jリーグでも屈指のレベルだろう。(追記すると、練習中はかなり強い風が吹いていた)

 ボランチに選手が多く、右SBの内田篤人、伊東幸敏が離脱中のいま、練習のなかでは右SBに入ることも多い平戸。本人はボランチで勝負したいところだろうが、キッカーを確保する意味でも、右SBでの起用は意外とおもしろいかもしれない。

 

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック